掻痒などが出るアトピー性皮膚炎の主因として、1.腸内・表皮・肺・口腔内などにおける細菌叢、2.遺伝的な原因、3.栄養面での素因、4.環境面での要素、5.1から4以外の学説が現在は主流だ。
ターンオーバー(新陳代謝)が滞ってしまうと、ありとあらゆる肌の老化現象やトラブルを引き起こします。

目元などのしわ・濃くなっていくしみ・顔色がパッとしないくすみ・目の下のクマ・フェイスラインが下がるたるみ・吹き出物・乾燥など、まだまだ書き出してみればキリがないくらいなのです。

アトピー要因:家族歴・以下の既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピーの内一種類、又は複数)、IgE 抗体を生産しやすい主因、など。
押すと戻る肌の弾力感。
これを生み出しているのは、健康食品でおなじみのコラーゲン、つまりは蛋白質です。

スプリングの役目をするコラーゲンがしっかりお肌を持ち上げていれば、嫌な弛みとは無関係というわけです。

女性誌や美容の書籍には、小顔や美肌、痩せる、デトックス効果、免疫力アップなど、リンパの流れを整えればあらゆることが好転する!というフレーズが掲載されている。
女性たちが「デトックス」に魅力を感じてしまう大きな理由として思いつくのは、日本人が暮らす環境の悪さだろう。
大気や土壌は化学物質で汚され、コメや果物などの食物には作用の強い化学肥料や農薬がたっぷりかかっていると喧伝されているのだから無理もない。
「アトピー」とは「場所が特定されていない」という意味を持つギリシャ語「アトポス」に由来して、「何かしらの遺伝的因子を持った人だけにあらわれる即時型アレルギーを主とする病気」を対象として名付けられた。