歯の務める役目には咀嚼など機能的な側面と、清潔感を与えるなど審美的な側面があり、どちらも健康面においては大切な要素だと言える。
下まぶたの弛みの解消策で最も有効なのは、ずばり顔面のストレッチ体操です。

顔面の表情筋は気付かない間にこわばってしまったり、その時の精神状態に左右されている場合が頻繁にあるようです。

現代を生きている私達は、毎日体内に蓄積されていくという恐ろしい毒素を、色々なデトックス法を試用して体外へ出し、藁にもすがる想いで健康体になりたいと努めている。
よく女性誌や美容本には、顔が小さくなって肌がきれいになり、痩身効果があるし、デトックス作用がある、免疫の向上などなど、リンパを流してしまえばみんなOK!などという謳い文句が書かれている。
ほっぺたや顔のたるみは実年齢より老けて見える要因に。
お肌の張りや表情筋の衰退が弛みへと繋がりますが、実のところ毎日おこなっているささいな癖も原因となります。

歪みが生じると、内臓が互いに圧迫し合うため、つられてその他の臓器も引っ張られるため、位置の異常、変形、血液に組織液、ホルモン分泌などにもあまり望ましくない影響を齎します。

それぞれ患者によってお肌の性質は違いますし、元々ドライ肌なのか、もしくは後天性の要素によるドライ肌なのかというタイプによって治療の内容が大きく異なってきますので、十分な注意が必要とされるのです。